VIVALDIARY

VIVALDIARY · 2018/06/20
表紙になった本を手に、 刺繍に好かれた幸せな人生だと、 素直に思うことにしました。 私は作ったものを販売するわけでもなく、身にまとうわけでもなく、家庭の本棚に手芸本が並んでいる。 それで十分なのです。 子どもの頃、母親の裁縫箱や手芸本を眺めるのが大好きでした。 宝箱や絵本のように思っていました。 それは今でも変わりません。...

VIVALDIARY · 2018/06/13
夏休み限定昆虫採集宿泊プラン、早速、ご予約いただいています。 夏休みを楽しみにするこども達より、ひと足先に、お父さんお母さんが、夏休みの計画をたてながら、お子さんを楽しませてあげたいとワクワクしているのが伝わってきます。 昆虫ガイドさんとも、常々、話を重ねています。 本当の自然で遊ぶのは、お父さん、お母さんも初めてかもしれません。...

VIVALDIARY · 2018/06/09
『エゴノキ』 ヴィヴァルディのシンボルツリーです。 ちいさなピンク色のお花が 下を向いて咲きます。 芳香な香りに誘われてミツバチがたくさんやってきます。 白馬村は気温23°。 心地よい風が吹いています。 明日から、雨模様。 雨具のご用意をお忘れなく。

VIVALDIARY · 2018/06/07
本のはなしをします。 うちのこどもは本は読みません。 そのかわりに絵が得意です。 映画が大好物です。 わたしは絵本が大好物です。 児童書はおやつです。(例えです) そんなわたしが、こども達にしてきたことは。 図書館に連れていくこと。 本屋さんに連れていくことです。 どちらも違った空気感をこどもながらに感じとります。...

VIVALDIARY · 2018/06/07
虫のはなしをします。 白馬村のヤマニーカワニーさん。 ご存知の方も多いと思います。 彼はキラキラした目を武器に、 白馬村で昆虫を通して伝えたいことを語ります。 その道のプロフェッショナルの人、特有の個性が放たれてます。 こういうのを昆虫で例えて欲しいものです。 夢中になるものを持つ人の話は、答えが明確で、なるほど、後味爽快な気分になります。...

VIVALDIARY · 2018/05/31
長野白馬村ペンションヴィヴァルディのブログへようこそ。 「森にくらすように」をコンセプトにした森のお宿です。 森暮らしの日常をみなさまにお届けします。

VIVALDIARY · 2018/05/28
トゲなし香りなし。 ちいさな可憐な薔薇がテラスのアーチを彩ります。 本日も、白馬村は快晴。癒しの森は、とてもにぎやかです。 キツツキが木をつつく音が森に響き渡り、木香薔薇の蔓の上をアリが忙しく歩いてます。 森の生き物のほうが忙しく動きまわり、人の歩みはゆっくりに。森って不思議です。

VIVALDIARY · 2018/05/10
雨が降り続き、朝から肌寒い白馬村です。 この時期の身支度は困り者です。 早々にしまった冬物を、また、引っ張り出し、体が温まるまで、なんとなく作業の手も休み休みに。 雨に濡れた新緑はみずみずしさを増し、静寂の森には鳥のさえずりだけが響いています。 この世界は本当に美しいと思える瞬間です。...

VIVALDIARY · 2018/05/07
新緑の美しい白馬村。 新しいヴィヴァルディを楽しみに訪れてくださるお客さまをお迎えし、賑やかな日々を迎えることができました。 おひとりおひとりから頂いたお言葉と、共に過ごした時間は、わたくし達夫婦の宝物です。 庭の花のお話や、忘れ物のエピソード、旅の想い出など、どれも楽しく素敵なお話ばかりでした。...

VIVALDIARY · 2018/04/29
新しいメニューに『牧草牛のリブロースステーキ』が加わりました。 牧草だけで育ったヘルシーで柔らかく味わい深いリブロースを、ジンジャーソースでお召し上がりください。

さらに表示する