VIVALDIARY

VIVALDIARY · 2018/10/23
ヴィヴァルディ周辺も 色づき始めました。 あまり外に出歩かない私のところにも 秋の方から訪れてくれました。 日差しに照らされ 木々の美しい表情が楽しめます。

VIVALDIARY · 2018/10/05
木をくり抜いて蜜蝋を塗って 作ってもらいました。 思ったとおり、かわいいです◎ 山頂は紅葉が始まりました。 いよいよ紅葉シーズンが始まります。 ゆっくり山歩きはもちろん。 カナディアンカヌーで紅葉を楽しむのもおススメです。

VIVALDIARY · 2018/09/24
先日の、家族の休日。 実は、まだ、続きがあります。 カナディアンカヌーを楽しんだその後は、 湖畔でひと息、ティーブレイクです。

VIVALDIARY · 2018/09/20
快晴。 北アルプスの美しい山並みを横目に トンネルを抜け、緑の林をしばらく進むと 木々の間からコバルトブルーが姿を現します。 わたし達のお気に入り、青木湖です。 カナディアンカヌーで、ゆったりとした時間を楽しみます。 森の木々に水面の光が反射してキラキラと輝いています。 時折、どんぐりが湖に落ちる音が響きます。...

VIVALDIARY · 2018/09/07
初秋。 白馬の夏は本当に短いです。 グリーンシーズンの賑わいも落ち着き 夏とも秋ともいえない 季節と季節が移りゆく時間が流れています。 陽射しと湿度。それから、草花や生き物が 季節の移り変わりを教えてくれます。 ちいさな変化を楽しみながら、そのうち、山頂から麓へ、秋の紅葉を楽しむことができます。 最近、好きな言葉のひとつ。...

VIVALDIARY · 2018/08/13
こども達にとって “虫とりはおやつ”であって欲しいと願っています。 主食ではない、おやつみたいなもの。 虫を捕まえることが全てではなく、虫を通して、知らず知らず、その後ろにある自然を学んでいるのです。 多感な年頃だからこそ、この体験がいつか別の形になって役立つと信じています。 白馬のひと夏の思い出。温かく見守っていたいな〜と思います。

VIVALDIARY · 2018/08/12
カブトムシ。 昆虫の王様だと思ってたのに 実は、飛ぶのが苦手だったり、着地が下手だったり。 視力が弱く鼻がないとか はじめて知ることばかり。 飼育ケースのキイキイ音が鳴り止まない落ち着きのなさ。 触らなれるの嫌い 明るいトコ嫌い うるさいの嫌い 他の虫が嫌い 怒るとストレスたまって弱る 疲れすぎ注意 勝手にひとりでダメージ受ける コミュ障な虫と分かり そのネガティブさに惹かれます。 ついでに、カブトムシにも老後があると知り 衝撃を受けました。 そんなの知ってしまったら、優しい目で見てしまうよね。 今日は、お疲れですね、、食欲落ちてますね、、樹液出しておきますね、、とか。 会話がカウンセリング的になってきます。

VIVALDIARY · 2018/08/12
虫かご越しにコンニチハ。 少年から預かりものミヤマクワガタ。 前の手が虫カゴから出た時点で その手しまって下さいと願う。

VIVALDIARY · 2018/08/11
もぎたて信州夏リンゴを丸ごとオーブンでゆっくりじっくり焼きました。 シナモンとバターと林檎の香りで キッチンは幸せな香りに包まれます。 真っ赤でかわいい夏りんご。

VIVALDIARY · 2018/08/08
白馬から車で10分。青木湖があります。 普段からインドア派の私ですが、 カナディアンカヌーを楽しんできました。 パドルで水を切る音が心地よく ゆったりと湖面を進みます。 カヌーを通して違った角度から自然を眺めると、すべてが調和された美しい自然を感じることが出来ます。 自然は持ち帰ることが出来ません。 けれど、記憶の中でいつまでも輝きを放つと信じています。 自然について知ること学ぶこと。 白馬で暮らしている私たちにとっても 大切な事です。 自然の遊び方はいろいろあって良いのです。 遠くで林間学校のこども達の楽しそうに、はしゃぐ声が聞こえてきます。 あれも立派な自然の触れ合いです。 本物の自然について熱意あるガイドが揃いも揃って日々、奮闘しています。 真剣に遊ぶから面白いです。 夏はまだまだこれから。 カナディアンカヌーで自然体験を楽しんでみませんか。 ネイチャーガイドスタッフが同行。初心者でも楽しめます。

さらに表示する