My Journey Around The World

信州・白馬村ペンションヴィヴァルディは、1991年オープン。

みなさまの素敵な思い出と共に、 ヴィヴァルディも年輪のように歴史を重ねて参りました。
それから、26年。初代ヴィヴァルディオーナーご夫妻がペンション経営をご卒業。
第三の人生を歩まれることになりました。
親しくお付き合いしていた私たち夫婦により、ふたたび、ヴィヴァルディに灯りをともすことになりました。白馬の素晴らしい自然のなかで 穏やかに流れる時間を受け継ぎ  みなさまの心に灯りをともすペンションヴィヴァルディです。
「森に暮らすように」素敵な時間をお届けいたします。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
                                    2017年 吉日ヴィヴァルディ 

 HAKUBA VIVALDI

Who We Are

Who We Are is Where We Are

 

白馬が好き。

シンプルにそう言える場所。

それが、HAKUBAです。

 

 

Our Story

受け継ぎ伝える宿

古いものには、じっくりと手を入ながら新しい息吹を吹き込んでいく。それが、白馬の森の宿。

ペンションヴィヴァルディです。

Your Story

森に暮らすように

流れゆく時間のなかに、

音があり 光があり、癒しがあり

そして、暮らしがあります。

森の暮らし感じてみませんか。


笑い話のような話ですが、以前、易者さんに『北東を目指しなさい』

その言葉に導かれるように、現在、信州で暮らすことになりました。

そんなこともあり、ペンションヴィヴァルディのロゴデザインの羅針盤には幸運の北東を。

そして、緯度経度を刻みました。さらに、羅針盤の上にはアナホリフクロウが旅路を見守ってくれます。

アナホリフクロウとは、他の動物の掘った巣穴に住んでいるらしく、敵から身を守るためだったり、諸説は様々ですが、時々、引越しするそうです。自分の暮らしに必要なものを風呂敷に包んで背負っています。

毎日を目一杯楽しみながら自由にあちこちを飛び回るアナホリフクロウです。

こうしてペンションヴィヴァルディは、森の宿HAKUBAヴィヴァルディとして誕生いたしました。

みなさん、どうぞよろしくお願いします。