夏休みファミリーご家族宿泊プランのご案内

家族旅行。親の気持ちを考えると、連れて行ってくれた事に感謝だけど、子どもだった私は観光地巡りは、なんか退屈で。
旅で知った歴史の内容を忘れても、あそこのラーメンのチャーシュー美味しかったなとか、旅に日常を混ぜ込んだ、しょうもない記憶の方が鮮明に残ってたり。
ほんと、そんなのばかりです。
今も、宿のプラン作りながら、忘れていた小学生の記憶が蘇ってきて。あー、山梨県で草花のガイドさんについて山の中を歩いたなー。ひまわり畑と違って、緑の草ばっかで。
地味な花が咲いてて、だけど、夢中でノートにメモして、花を持ち帰って、押し花にして。
押し花は、意外と臭くて、それがショックで感動どこではなかったけど、得意になって花の話をしたなー。
その山歩きした時の、色や匂いや湿度とか、全部、覚えてる。
ガイドさんの話を聞きながら、身近な草や花にもストーリーがあるって知って、それが、すごく、楽しかったな。
理科ではない、学びでもない、へぇーと思ったことを忘れちゃいけないって、メモ魔にさせたんだろうな。
そんな事を思い出しながら、夏休みヴィヴァルディ宿泊プランが出来ました。
はじめての宿泊プランなのに、だらっと書いてしまった。
オーナーだったら、夏だ!虫とりに行こうー!
ひと言で終わりだろうに。
キッチンにこもるタイプは、語らせたら長いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。
夏の白馬村、是非、遊びに来てください。