· 

オールドソファ

ヴィヴァルディには、自慢のリビングがあります。

前オーナーは、沢山の部屋を作るより、お客様がゆったりとくつろげる広いリビングを選んだのです。

オーナーの心意気に、とても共感した私は、このリビングを引き受けようと、強く強く思いました。

色々とソファを見に行った時期もありました。

でも、ヴィヴァルディには、このソファが一番しっくりと馴染みます。

長年、頑張ってくれた証の布地を、張り替えることにしました。

ミシンの得意なお母さんが、大活躍です。

でも、色々、苦労がありました。

出来た!喜びに満ち溢れ送られてきた写真には、堂々たる白いラインがセンターを飾ります。

ごっ、、ごめんね。白いボーダーラインは脇を飾るもので、主役にするのは、ちょっと困るな。

作る人の気持ちを考えると言い出しにくいけど、ヴィヴァルディの為に、お母さんにはもうひと踏ん張りしてもらいました。

新しいものにはかなわないけど、古くても手を入れ磨きをかければ、これはこれで、新しいものには出せない、趣や味わいになります。

年を重ねると、そういう惜しみない時間が大切に思えてきます。

ソファたちには、まだまだ、頑張ってもらいます!

写真の奥に無骨に並んだ三つ子のソファが、可笑しくてたまりません。笑